言葉の力

「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」
ヨハネ福音書1章1節

 

■はじめに
ヨハネ福音書は、新約聖書の中でも独特の始まりを持っています。1章1節は「初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった」と記されています。これは、創造の始まり、すべての始まりを指し示しています。

■言葉の力
この節は「言葉」という概念に深い意味を与えます。言葉は単なるコミュニケーションの道具ではなく、創造と存在の根源です。言葉を通して神は世界を創造し、言葉を通して神は自己を示し、言葉を通して神は私たちと関わります。

■神との関係
「言葉は神であった」という部分は、私たちが神との関係をどのように理解すべきかを示しています。神は遠く離れた存在ではなく、私たちの日常に深く関わる方です。言葉という形で私たちの世界に存在し、私たちとの関わりを求めています。

■キリストの存在
ヨハネ福音書は、イエス・キリストがこの「言葉」であると示しています。神はイエス・キリストを通して私たちと直接的な関わりを持ち、私たちに神の愛と救いの手を差し伸べています。

■応答としての信仰
この聖句は、私たちが日々の生活の中で言葉の重要性を理解し、言葉を通じて神との関係を深めることを促します。言葉を通じて神の愛を受け入れ、信仰を深めることで、神との関係がより豊かになります。

■現代への適用
私たちの日常生活においても、言葉は重要な役割を果たします。どのように言葉を使い、どのようにコミュニケーションを取るかは、私たちの人間関係や社会生活に大きな影響を与えます。神の言葉に耳を傾け、その教えに従って生きることで、私たちの生活はより意味深く、充実したものになります。

■結論
ヨハネ福音書1章1節は、私たちの信仰生活と日常生活の両方において、言葉の力と意味を理解し、それを生かすことの重要性を教えています。言葉を通じて神と深い関わりを持ち、その導きに従うことで、私たちの人生は豊かで意味のあるものとなるでしょう。