み言葉と祈りこそ

 最近、わたしの書棚にあった本を手にして読み返していたとき、以下の文章に目が止まりましたので、長文ですがご紹介します。

 

「・・注目すべきことは、福音主義教会の衰退が始まったのは、どんな犠牲を払ってでも<世のための教会>になろうと試み始めた時からである! 1944年に「教会は他者のために存在するときにのみ教会である」と書いたのはデートリッヒボンヘッファーであった。

1945年以降の福音主義教会は、この言葉を心に刻んだが、残念ながらそれは半分の真理でしかなかった。何故かと言えばこの「他者のための存在」であろうとして、自分が教会であることをだんだんと忘れていったのである。そして、ますます社会活動と、楽しみを与えることに埋没していった。デートリッヒボンヘッファーがしかしそこで言おうとしていたことは、少なくとも、世俗性の次元と共に、教会の次元をも同じように真剣に取り上げるということであった。およそここで発見ということを語ることを許されるとすれば、であるが、それがまさに彼の発見であった。

ボンヘッファーは獄中にあって、他の囚われの人々の間にあって、完全にこの世的に生きなければならなかった。しかしそれにもかかわらず、看守からも囚人の仲間からも、一人の司祭でもあるかのごとく、告解を聞くことを求められた。ここには、一人の<教会の人>が生きており、ただひとり、毎日、聖書と祈りによって自分を養っているという噂が広まったのである。まさにこのような祭司的なものこそ、今日にかけているものであると、私は寂しく思う。」

(「慰めの共同体・教会」クリスティアン・メラ−)

 

 著者のクリスティアン・メラ−はドイツのハイデルベルグ大学で実践神学を教えていた神学者です。さてドイツの教会の衰退を憂う著者のこの言葉は、ドイツだけのことだろうかと、思わされます。

教会がボンヘッファー言葉に触発され、教会から地域の人々へと届こうと取り組んだその歩み。しかしいつしか「教会であることをだんだん忘れ」「社会活動」「楽しみを与える」ことへと埋没し、結果的に教会が衰退していくことになったのだと告げるこの神学者の言葉に、正直驚いています。 

 

さて「世俗性の次元」と「教会の次元」という言葉を、わたしなりの理解で以下のように表現してみます。

 

①「世俗性の次元」・・・目に見えること。役立ち、すぐに変化する事柄。

            物質・肉体的次元、奉仕活動、ボランティア、楽しみ、交流

            政治・経済活動など・・・

 

②「教会の次元」・・・目に見えにくく、一見役立たず、すぐに変化しない事柄。

           礼拝、霊性、信仰、精神、主にある交わり、祈りなど・・・・

 

 おそらく戦後のドイツの教会は、戦前に自分たちがヒトラーに迎合してしまった反省から、「教会は他者のために存在するときのみ教会である」と言ったボンフェッファーの言葉を、教会の社会活動、政治活動という、目に見える具体的な働きに積極的に取り組むことと、受け止めたのでしょう。その反面、目に見えにくい霊的な事柄がおろそかになり、結果的に教会は衰退していったのではないかというこのメラーの指摘は、重要な問いとして私の耳に響いています。

 

「一人静まって祈ること」「互いのために祈ること」「み言葉を求めて、聖書に向かうこと」「共に主を喜ぶ交わりに生きること」「心を尽くして礼拝を捧げること」「主を証しつづけること」「自分自身を主に捧げること」・・・・

 わたしの理解では、このような「教会の次元」と言われる目に見えにくい事柄をこそ大切にし、深めていく日常の営み、修練なしに、「世俗性の次元」としての、目に見える奉仕や働きという「実り」も実らないし、実ったようにみえても結局残らないのではないか、と思っているのです。

 

「主の教えを愛し

その教えを昼も夜も口ずさむ人。

その人は流れのほとりに植えられた木

ときが巡りくれば実を結び

葉もしおれることがない。

その人のすることはすべて 繁栄をもたらす」詩篇1:2−3)

 

この詩編は、主のことばを心にとどめ、祈り、黙想する営みからこそ、しおれることのない「実り」が実ることを歌っています。

 

今の教会の姿、また私たち信仰者一人一人の姿も、今までみ言葉に聴き、祈りつづけてきた「実り」です。そうであれば、5年後10年後の教会、また私たちの姿も、今日聞いたみ言葉、祈った祈りの積み重ねによってやがて「実っていく」姿なのです。

つまり、今日のみ言葉と祈りへの取り組みが、未来の教会、わたしたちの姿を形作っていくのです。

 

「私は余りに仕事が忙しいので、毎日3時間祈らなければ決して働くことができません」と言ったのはマルティンルターでした。

様々な課題を抱え、問題山積みのこの現代日本。そのただなかに「地の塩、世の光」として主に招かれているわたしたち。目にみえる問題、課題が大きければ大きいほど、わたしたちに必要なのは、み言葉であり、祈りであり、共に主を見上げる礼拝であることを、もう一度心に留めたいのです。

バスの中での礼拝

今日は雨の中、教会の召天者記念礼拝を行うために、バスで富士霊園まで出かけました。

車で直接現地に赴かれた方々を含めると、総勢50名

 

例年、教会の墓地の前のスペースに、椅子を並べて、そこで賛美歌を歌ったり、聖書のメッセージを聞いたりして、礼拝を捧げるのです。

 

雨なのでテントを張っていただきましたが、とても50人がその狭いテントの中で礼拝をすることは無理。

 

そこで結局、礼拝はバスの中で行うことになりました。

 

納骨式もすることになっていたので、それは墓地の前でご遺族とともに短く行いました。

 

わたしも、参加されたみなさんも、バスのなかでの礼拝体験は、初めて。

バスの中で、賛美歌を歌い、祈り、献金をし、聖書の言葉にみんなで一緒に、耳を傾ける。

バスの席に座っている人々に、メッセージを語るという、なれない、いや初めての体験。

 

忘れがたい礼拝となりました。

 

メッセージを以下に記しておきますね。

 

 

 

召天者記念礼拝メッセージ

ヨハネによる福音書 1117~27 

さて、イエスが行って御覧になると、ラザロは墓に葬られて既に四日もたっていた。ベタニアはエルサレムに近く、十五スタディオンほどのところにあった。 

マルタとマリアのところには、多くのユダヤ人が、兄弟ラザロのことで慰めに来ていた。 

マルタは、イエスが来られたと聞いて、迎えに行ったが、マリアは家の中に座っていた。マルタはイエスに言った。「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。 

 しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています。」 

エスが、「あなたの兄弟は復活する」と言われると、マルタは、「終わりの日の復活の時に復活することは存じております」と言った。 

エスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。 

生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」 

マルタは言った。「はい、主よ、あなたが世に来られるはずの神の子、メシアであるとわたしは信じております。」 

 

 

明日から新しい元号「令和」に変わるということで、いわゆる今日は「平成最後の日」なのだそうです。

なんだか、「最後の日」という言い方は寂しい感じがしますね。

「始まったものは、いつか終わりがくる」

「生まれたものは、いつか死を迎える」という、そういう寂しさでしょうか。

天皇も人間ですから、当然といえば当然。

しかし、それでは、「西暦最後の日」はどうでしょうか?

エスキリストが、この世界に誕生したことを覚え続ける西暦は、エスキリストが十字架につけられ、死んだ西暦30年でおわりましたか?

おわるどころか、おそらく、これからも終わる予定はありません。

死から復活し、今も生きておられる、命の支配者。

イエス・キリストには、代替わりなどないからです。

そして、イエス・キリストに愛され、イエス・キリストを愛し、

この方の命、復活の命をいただいた人もまた、

たとえ死んでも生きるのだ。生きていて、イエスを信じる人は、死ぬことがないのだと宣言する、

エスキリストの言葉を、今、わたしたちは聞きました。


思えば去年は、Fさんを天にお送りし、そして今年1月には、Aさんが、天に招かれ、教会の墓地に、その名前が刻まれることになりました。

ここに集う方々の愛する方の名も、刻まれていることでしょう。そして、もしかして、やがてわたしたち自身の名も、ここに刻まれる日。

「地上最後の日」はやってきます。

ただ、聖書はその日のことをいわゆる「最後」とは言わないで、「眠りについた」のだと、表現するのです。


眠っているのであって、終わったのではない。

新しい始まりの日に向かって、ひと時の間、眠っているのだと、そう告げるのです。

その新しい目覚めのことを、聖書は「復活」と表現します。


復活こそ、死ぬべき人間にとって、究極の希望であり、

その「復活」は本当なのだということを、この世において、最初に示された、神の出来事が、十字架に死に、墓に葬られた、イエスリストの「復活」であったのです。


「イエスキリストは復活」した。それは同時に、私たちも、神が「復活」させてくださる、希望と約束の出来事。

こうして遠く「教会の墓地」までやってきて、イエス・キリスト名によって、神に礼拝を捧げるのは、

今は見えない愛する人々も、そしてわたしたち自身も、

実は、「終わりの日」などこない、永遠の命。

復活のいのちに、今すでに、与っていることを、

上を見上げて確認するため。そして感謝を献げるために、この場所にやってきています。


ところで、話は変わりますが、今年1月に天に召された、Aさんは、花小金井教会のメンバーの中で、教会からとても近い所に住んでおられました。


よく小さなリュックを背負って、街中を散歩しておられました。わたしはスーパーに買い物にいくと、よくばったりお会いしたものです。

ですから、わたしは今でも、街中を歩く時に、Aさんの面影のある方を見かけると、一瞬ドキッとします。

特に、白髪で神の毛がくるくるしている女性の方とすれ違うと、一瞬「え」っと、ドキッとすることが、なんどかありました。

そのたびに、Aさんは、今も生きておられるという、そんな感覚を感じたものです。

 

逆を言えば、それほど、急なお別れでした。



今、朗読していただいた聖書の箇所は、ラザロという男性が亡くなり、墓に葬られ、4日も経っていたという話から始まっています。

マルタとマリアという姉妹がいて、ラザロはその兄弟です。

そして、この3人とイエスさまは親しい関係だった。

しかし、ラザロが重い病気になり、死にそうになったとき、イエス様は、ラザロのそばにいなかったのです。

亡くなった後、4日たってからイエスさまは、ラザロのところに駆けつけることになります。

ですから、お姉さんのマルタは、すこし残念な気持ちもあったのでしょう。「もしここにいてくださいましたら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。」と言いました。

この姉さんのまるたの気持ちは私たちも分かる気がします。

もしあの時、そばにいてあげることができたら。
もしあの時こうしてあげていたら。
もし、あの時・・・

愛する人の死の悲しみの故に、もしあの時、こうしていたら、愛する人は死ななかったのではないかと、そういう仕方で、自分を責め、人を責めてしまう。

そういう思いが湧き上がってきてしまうことを、経験することがあるかもしれません。

私自身、一人暮らしの父を見送ったあと、そういう思いになったことがありました。

そうやって、過去を振り返り、答えなどあるわけのない問いを、なげかけてしまうという、心の傷を感じることもあるでしょう。


その辛い問い。どうしてですかと、問わずにいられなかった、マルタの思い。

その心の思いを、イエスさまは、まっすぐに受けとめてくださいました。
「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」

しかし、この悲しい出来事は、悲しみで終わらなかった。

それは、マルタが、このような言葉を語ったからです。


「しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神は叶えてくださると、私は今でも承知しています」と。

これは驚くべき、信仰の言葉です。

きっと、ラザロが病気の時、マルタは必死になって、ラザロが死なないようにと、神に願い、祈ったはずです。

しかし、その必死な祈りも願いもむなしく、ラザロは死んだ。

にもかかわらず、マルタはここで、なお神を信頼しているのです。

それは、自分の願いをかなえてくださる方として、神を信頼しているのではありません。

そうではなく、今、目の前にいるイエスの願いを、神は聞いてくださると、そのように信頼しているのです。

どういうことか?

それは、神を信じる自分の祈り、その熱心さに、神が応えてくれるという、神を動かそうとすることが、神への信仰なのではなく、

たとえ、自分の願い通りではなくても、なぜ、今、このようなことがという、出来事を前に、

なお、イエス様。あなたの愛の思い、あなたの真理こそが、

神の御心とまったく一つであるゆえに、

必ず実現する日がくることを、信じていますという、信仰、信頼なのです。


先ほど、読み上げられた、一人一人のお名前の背後には、それぞれの人生、歴史があった。

その人生、歴史は、本人にとっても、家族にとっても、まったく思い願ったとおりだったとは、いえないこともあるでしょう。

思いもしなかったこと。思いもしなかった時。そんな、人間の思い通りにはならない人生を、歴史を、お一人お一人が、歩まれたに違いない。


しかし、にもかかわらず、ここに集ったわたしたちが、

こうして、そのかたがたの名を読み上げ、神への感謝の礼拝を献げているのは、

わたしたちの思いや願いを超えて、そのお一人お一人の人生に、歴史に、イエスキリストの愛の御心は、ちゃんと実現しているのだと、信頼しているからです。

ただ、イエスさまの愛の御心が、実現しますようにと、愛する人すべてゆだねたからです。


この、マルタのように。わたしたちも。

そして、そうやって、イエスさまへの、信頼の告白をしたマルタに

エスさまは「あなたの兄弟は復活する」と告げ、

さらに、

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。
いきていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」と宣言なさったのです。。


このような言葉を、確信を持って宣言できる存在を、わたしたちはほかに知っているでしょうか。



死んでも生きる命。ゆえに、死ぬことのない命。

地上の死とは、「眠り」であり、やがてくる新しい始まりの日に、目覚めるまでの、いっときの「眠り」についたにすぎない。

エスを信じ、信頼する命は、もはや死ぬことのない命にいきている。


「あなたはこのことを信じるか」「信頼するかと」と、この問いかけに、
すでに、眠りについた人々、そしてやがて眠りにつくわたしたちも、「はい、信じます」と答えることができる、

神への信頼に生きるいのちに、生かされています。

それは、たとえるなら、お母さんのおなかの中にいる赤ちゃんのように。
神によって守られ、生かされ、養われ、すやすやと眠りながら、

やがて時が来れば、新しい世界へと生まれていく。

赤ちゃんは、お母さんのおなかの中に入るときは、お母さんがあまりに近すぎて、見えないように。

わたしたちが、神が見えない、神がわからないのは、神が遠くに折られるからではなく、あまりに近いからかもしれません。

さきに眠りについた、あの人、この人が、見えなくなってしまったのは、
遠くの世界に入ってしまったからではなく、あまりに近くにいるからかもしれません。

やがて、天にいけば、わかるでしょう。

なんだ、あの方も、この方も、こんなにそばにいたのかと。

気のせいだとおもった、あの時の、あの白髪の女性は、あなただったのですねと、天にいったら、わかるかもしれない。

そして、あの一番辛かったとき、さびしかったとき、支えてくれたあの人は、あの歌は、あの言葉は、イエスさま、あなただったのですね。

あなたは、だれよりも、わたしたちのそばにいてくださったのですねと、分かる日が、きっとくる。

エスキリストも、そしてイエスさまを信じる一人一人も、

死ぬことなく、いまも、生きているのだから。

祈りましょう。

 

 

 

やっぱり、日記ブログはいいな

はてなダイアリーがこのはてなブログに移行されたのをきっかけに、改めて過去の記事を読み返してみると、なんだかとってもいい言葉にたくさん出会えて、我ながらいい日記だなぁと、自画自賛

 

礼拝のメッセージがよく投稿されてることもあるし、そういう意味で、基本的には「伝えたい」という思いが詰まってる日記だなあと実感。

 

だから、この日記は、単なる記録じゃないんですよ。

 

「今日は何をたべました」とかね。本人以外にはどうでもいいことでしょう。

 

自分に起こった出来事や出会いは、誰か他の人にとっても、何かプラスになるメッセージにつながっているはずだ、と信じるからここに書くんだよね。

 

そういう意味で、私にとって文章を書くということは常に誰かに対してプレゼント渡すということなんですよね。

 

このブログを読み返してみて改めてそのことを感じました。

そしてここはとてもパーソナルな出会いや出来事も書いているので、何かその分、具体的で実感のあるプレゼントが伝わっていく場になっていた気がします。

 

教会の牧師なんかやっていると、何か自分の立場とか体面を整えることに意識が向いたりするけれど、そうやって自分を守ることに走ったらもうその人は終わりなんだよね。成長、変化しなくなる、という意味でね。

 

そういう意味では自己開示って大切で、こんな場でチョロチョロ本音を書いたりするのは、リスクもあるけど、自分らしさを失わないという意味において、大切な場であるようにもおもうんだよね。

 

しかも今は音声入力っていう方法がとっても発達していて、今もこれは音声入力で書いてるけど、

 

もう本当に数分でこれくらいの分量をかけちゃうんですよ。

 

とうわけで、ちょくちょく更新していきますね。

「忙しいですか」

 

忙しいという言葉が出てくるのは、物理的にすべきことは沢山あるからではなくて、ただ、心が閉じている状態。

どんなに忙しくても、忙しいと言わない人もいるから。

忙しいという言葉は、これ以上自分に何も言わないで欲しいというアピール。

もう、私の耳にも心にも、何も入りませんという閉じた状態。

閉じてしまったら、もう変化も成長もない。

だから、心はいつもオープンにして、

常に新しい出会いや出来事を受け入れるスペースを持ちたい。

変化し、成長し続ける者でありたい。

それが生きているという事だから。

忙しいという漢字が、心が滅びると書くのは、

まさに先人の知恵だと思う。

ブログに移行しましたね

10年以上書き続けてきたはてなダイアリーが、ブログに移行するということで、しばらく放置していましたが、移行作業が完了したようです。

 

心新たに更新していきましょうかね。

わかりあえないときにできること

人には、

話せばわかりあえる時と場合と、

話してもわかりあえない時と場合があるのです。

話して分かり合える時と場合においては、

大いに語り合ったらいいけれど、

話してもわかりあえない時と場合と気づいたなら、

話すのをやめて

距離をおき

しずかに祈ることです。

私にとっての平和活動

私にとっての平和運動は、福音を語ることなんですよ。

なぜなら、目に見える紛争、暴力、搾取などについての平和問題に関しては、

政治や経済、教育、医療、教育などの処方箋があるけれども、

日々刻々と、目に見えてないところで行われている、

子どもや親に対する虐待とか、

夫婦の間の争い、DVとか、

学校や会社やあらゆるコミュニティーにおける、差別やいじめ、ハラスメントなどは、

政治、経済、医療、教育などの、ある意味「泥縄」の処方箋では、

その闇には届かないし、届いたときには、手遅れだったりするわけでしょう。

このもっとも身近な関係における、平和問題という、

重く重大な課題の当事者は、

ほかでもない、わたしたち一人一人なんです。

そのわたしたち一人一人が、

この重要かつ、もっとも困難な平和問題に取り組んでいくための、

力の源泉が、神の愛と和解の福音。そして神の助けを祈る祈り。

そうわたしは信じているので、

まっすぐに、神の愛の福音を語りつづけ、

神への祈りへ人々を導くことが、

私にとって、もっとも有効かつ重要な平和運動なんですね。

今も、人には隠され、見えないようにされている、

身近なところに、

神の助けによって、平和が実現しますように。